フォトスタジオについて

ここでは、ありのままの笑顔と日常を写す写真を撮影しています。
“泣いている今しかない姿を残せる”
“なんだかお家にいる時と違って写真だとおませさんになってる”
など新しい発見があるかもしれません。

撮影が思い出となる写真屋さん。

をコンセプトに撮影をしています。
カメラ目線の写真よりも、家族の雰囲気やその子の空気感を写真に残す事を大切にしています。

お客様にとって安心の、“1組貸切撮影”“来店後に料金が上がることがない安心の料金設定”

可愛いお子さんの写真が沢山あって選べない…を解消する
“たっぷりデータをお渡し”
を行っております。



フォトスタジオ名前について

北欧が好きな夫婦で、北欧のような温かみのある写真を撮りたいというところからmoiphotograph(モイフォトグラフ)という屋号で活動をしておりました。
今回フォトスタジオを作るにあたり、フィンランド語から探したのですが、

Photo(写真)

Haus(楽しい)

moimoi(フィンラン語の挨拶「やぁ!」など)

楽しい写真を撮れるスタジオという意味を込めて、こちらを組み合わせた名前にしました。


studio コンセプト

当スタジオでは、お子様のその時の空気感を大切に撮影しています。
カメラ目線の写真よりもお子様の普段の雰囲気を残したいと思って撮影しているフォトスタジオです。

万が一泣いてしまっても、1年後には見られない姿かもしれません。
その時に好きなおもちゃと一緒に写真を残すのも、将来見返した時に話に花が咲くかもしれません。
ご家族にとって、大切な写真になるように、自然体な家族の空気感を写真に残させていただきます。


撮影について

“安心の1組完全貸切スタジオ”

他のお客様が同時にスタジオで撮影している等はございませんので、安心してお過ごし頂けます。

“データでたっぷりお渡し”

データは全て色味などを丁寧に調整してのお渡しです。
その為、すぐにお渡しではなく1ヶ月ほど納品までお時間をいただいております。
一般的なフォトスタジオのように数枚のお写真お渡しではなく、データをたっぷりのお渡しとなりますので、カメラ目線の写真だけでなくその日のご家族やお子様の様子を写すような写真を撮影します。

“ありのままを撮影するスタジオ”

その時のありのままを撮影するフォトスタジオです。いつもは人見知りするお子さんがご機嫌に笑顔で写真撮影できるかもしれませんし、泣いていてもその泣き顔を撮影することでその日その時の今しかない瞬間を撮影しています。(泣き顔は小さいお子様のうちしか撮影できない貴重な機会だったりもします*)
お子様だけではなく、ご家族で過ごす様子などを撮影していますのでぜひご家族もお写真に写っていただければ後から見返したい写真になるかと思っていますので、ぜひ撮影にご参加いただければと思います。


フォトグラファーについて

豊川 栞 (トヨカワ シオリ)

屋号 moiphotograph(モイフォトグラフ)

1992年生まれ 岩手県奥州市出身

2019年 フリーランスフォトグラファーとして起業

2021年 盛岡市フォトスタジオ活動開始

2023年 フリーランスフォトグラファーとして独立

2023年 奥州市フォトスタジオオープン


受賞歴・実績ほか

  • 2019年カメラのキタムラフォトコンテスト グランプリ
  • 2019年全日本写真展 銅賞
  • 2020年全日本写真展 岩手県優秀賞
  • 2022年全日本写真展 岩手県優秀賞
  • 2022年リシンククリエイタープロジェクト・盛岡市ポスター制作メンバー